小陰唇の悩みは専門のクリニックで|隠れた悩みはプロが解決

取り組みを知る

テーブルと花

小陰唇縮小施術を大阪で受ける場合には、クリニックがどんな取り組みを行なっているのかしっかり確認しておきましょう。そうすることで、施術後も確実に不満を無くすことができます。

この記事の続きを読む

流れを理解

医師風の男性

大阪で小陰唇縮小縮小施術wお受ける場合には、流れを確認しておくことが大切です。一般的にどのような流れで施術を行なうのか紹介するので把握しておくことで、メリットが増えます。

この記事の続きを読む

基準を参考にする

脇腹をつまむ女性

女性器に蓋をする役割を持つ小陰唇縮小は、肥大している場合施術が必要になります。しかし、判断する基準がある為自身が当てはまるか気になる場合もあるでしょう。それを知ることで小陰唇縮小施術が必要かどうかの判断が可能になります。

この記事の続きを読む

女性の隠れた悩み

パソコンをする看護師

他の人とは違ったと感じたら。小陰唇の縮小は大阪のこちらの医院が受けてくれます!これで恋愛に前向きになれるかもしれません。

女性の性器は個人個人でその形や色や大きさがちがっています。特に小陰唇は表に出てきているので、目につきやすく、気にする女性も多いのではないでしょうか。あまり他人と比較する機会の少ない小陰唇ですが、正面からヒダがはみ出すように見えた場合は、平均的な女性に比べて大きいのかもしれません。 大きいことのデメリットは見た目以外にも、たとえば下着にこすれて炎症を起こしたり、細菌の繁殖による臭いの原因となるという点あります。自力で小さくするのは不可能ですので、思い悩む前に小陰唇縮小手術を受けることをオススメします。 小陰唇縮小手術は専門のクリニックなどでおこなっていて、手術は比較的簡単な部類に入るので、それほど身構えて臨む必要もありません。

小陰唇縮小手術は女性器に関する手術の中でも、もっとも症例が多い手術です。ですから失敗事例もほとんどなく、患者さんに心的負担をかけることもありません。 クリニックを訪れると、簡単なカウンセリングをしてもらえます。そのときに、手術方法や費用のこと、予想される術後の経過について丁寧に説明してもらえます。 縮小手術自体は一時間を超えることはなく、局所麻酔をするので痛みもありません。また小陰唇は傷の回復が早い部位でもあるため、傷跡もほとんど目立つことはありません。一応糸で縫いますが、現在では体に吸収される糸を使用するクリニックもあり、その場合は抜歯の必要もないので、抜歯のためにわざわざ通院する煩わしさもなくなります。